イラストで稼ぎたいならEtsyで販売してみよう

のアイコン画像

イラストで稼ぎたい。

のアイコン画像

ストックイラストとかやってるけどあんまり稼げない。

はい、私です。

同じように悩んでいる人向けに、新たな販路オプションのひとつとして、Etsyについて調べてみたので記します。

目次

Etsyとは何ぞや?

Etsyは、ハンドメイドや工芸品、ヴィンテージアイテムに特化したアメリカのショッピングサイト。

ポジションとしてはミンネやクリーマといった日本のハンドメイドサイトに近いです。

ところがどっこいEtsyは、ワールドワイドに販売している、且つデジタル商品の販売も可能なので、その規模はミンネやクリーマの比ではありません。

Etsyminne creema
登録作品数6000万点1000万点800万点
販売者数265万人54万人15万人
ユーザー数(アプリDL数)3940万人1073万DL1400万人

参照
Etsy: https://en.wikipedia.org/wiki/Etsy
minne: https://pdf.pepabo.com/presentation/20190731p.pdf
creema: https://appmarketinglabo.net/creema-karte/

サイトにより2018年の数字だったり2020年の数字だったりしますが、この規模の圧倒的違いはお分かりいただけると思います。

日本市場との違い

小さな島国としては人口も多く経済規模も大きい日本なので「売るのは日本だけで十分」と思う人も多いかもしれませんが、日本で需要のあるものと世界で需要のあるものは違います。

ストックイラストをやっていても思うのですが、日本ではアニメ系やかわいい系のイラストが主流なのに対し、海外ではリアル系やアート系のイラストが多い印象です。

以下は、アドビストックで「女性 イラスト」と検索した時と「woman illustration」で検索した時の違い。

女性 イラスト で検索
woman illustration で検索

全然違いますよね。

私が描きたいイラストは海外寄りです。

イラストの販売先としてストックサイトの他に、pixiv BOOTHやココナラも検討したことありますが、どうしてもアニメ大国ジャパンでは、アニメ系やかわいいキャラクター系で商品が占拠されてしまっています。

私もアニメは大好きですが、描きたいイラストはアニメ系でもかわいい系でもありません。

なので自分の売りたいイラストと国内市場が合いません。

では、Etsyはどうかというと、同じく「女性 イラスト」で検索してみた結果がこれ。

幅広いタイプの絵柄がありますがアニメ系はほぼ皆無。かわいい系はちょこちょこあります。

トレンドのフラットやラインアートはたくさんありました。

部屋に飾って楽しむ鑑賞用のアートがたくさん売買されています。

商業イラストならストックイラスト、アートイラストならEtsy

そもそもストックサイトは、広告や販促用の素材を必要とするデザイナーやマーケターがメインユーザーです。

よってストックサイトで売れるイラストは商業イラスト。

絵柄がアート寄りだと、ストックイラストでは思うように稼げません。(特に日本市場では。)

一方Etsyは、部屋に飾る用のおしゃれでアートな作品が欲しい一般消費者向け。

のアイコン画像

あれっ、じゃあ私の場合Etsyで売った方が良いんじゃね?

ストックイラストに挑戦してみたものの、商業イラスト描くのしんどいよー好きな絵描きたいよーって人は、Etsyで売ってみるのも良いんじゃないでしょうか?

Etsyで売る前に知っておきたいメリット・デメリット

メリット

  • 膨大な数のユーザー
  • 世界中の消費者がターゲット
  • ストックイラストよりアート寄り
  • デジタル販売できる
  • 販売価格、媒体、利用可能範囲を自分で設定できる
  • ハンドメイドに限定していないのでユーザーの趣味・興味が広範囲
  • 手数料が比較的安い

Etsyの手数料は、出品料0.2ドル + 成約手数料5%です。(2020 年現在)

30%弱のココナラや10%前後のミンネ・クリーマ・メルカリと比較しても良心的。

30%程しか報酬がもらえないストックサイトよりは遥かに良い。(金銭面だけ見た場合の話)

デメリット

  • サイトは日本語対応しているが多少英語は出来ないとつらい
  • 出品料が一出品ごとに0.2ドルかかる
  • 作品数が多すぎて埋もれがち
  • 日本の販売者はペイパル決済での販売しか選べない

やっぱり言葉の壁が不安ですよね。

自動翻訳では自然な言い回しにならないので、商品説明文は最初から英語で書いた方が良いです。

他の出品者の説明文を参考に文言は真似しつつ、辞書片手に頑張るしかありません。

それからユーザー数が多いということは、それだけ作品数も国内サイトの比じゃなく多いということ。

まずは売るよりも、閲覧されることが目下の目標となりそうです。

まとめ

イラストで稼ぎたい、でも国内で人気のアニメ系の絵柄じゃない、ストックイラストとは別の販路が欲しい。

そう思ってるならEtsyに挑戦してみましょう。

Etsyはこんな人にいいかも!
  • 国内市場と自分の絵柄がマッチしない
  • ストックイラストでなかなか稼げない
  • ストック用の商業イラスト描くのしんどい
  • 販路を広げたい
  • 日本円以外でも稼ぎが欲しい
  • とにかくイラストで稼ぎたい
  • なんならハンドメイドも売りたい
  • 収入の柱を増やしたい

私も早速登録、出品してみましたが、まだ数個しか出品していないので閲覧すらない状態です。

なのでまだ胸を張って「Etsyはいいぞ~」とは言えないんですが、成功しようが失敗に終わろうが、何事も挑戦すれば結果が生まれその結果から学べるわけなので、迷っているならEtsyへの参入は大いにおすすめします。

0.2ドルの出品料がかかる分、商品を厳選して出品する必要がありますが、売れることを願いつつ、今後もどんどん登録数を増やしていきたいと思っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる