イラスト初心者におすすめの副業:ストックイラスト

のアイコン画像

絵を描くのが好きだしイラストのお仕事してみたいな

のアイコン画像

SNSでイラスト公開してるけど自己満で終わってるな

と、ちょっとでもイラストを描くのが好きで、そしてちょっとでも自分のイラストがお金になったらいいなって思ってる人!!

そんな人におすすめなのがストックイラストです。

目次

ストックイラストとは?

みんなご存知いらすとやのようなイラスト素材サイトのことです。

自分の絵を無料または有料素材として、既に存在する素材販売サイトに登録することでインターネット上で販売できます。

素材販売サイトとは例えば以下のようなサイトのことです。

企業の広報やブロガーなど、イラストや写真を使って何かを発信する仕事をしている人には馴染みのあるサイトかもしれません。

こういったサイトはストックサイトと呼ばれ、たくさんのストックされた素材をユーザーは無料または有料でダウンロードできます。

そしてこれらのストックサイトに素材を提供することによって素材提供者は収入を得ることができます。

ストックイラストのメリット

  • 不労所得に近い
  • 顧客とのやりとりが無い
  • 初心者でも挑戦しやすい

ひとつずつ解説しましょう。

①不労所得に近い

一度素材を登録すれば、ダウンロードされる度半永久的にお小遣いがチャリンと入ってきます。

風邪で寝込んでも遊び呆けても、サイトが勝手に販売してくれます。

ただしあくまでも不労所得に近いのであって完全な不労所得ではありません。

なぜなら絵を描き続けなければならないから。

でもそんなの絵を描くのが好きなら大した問題ではないよね。

②顧客とのやり取りが無い

顧客に直接販売となると、要望を聞いてイメージを合わせたり、途中でチェックしたり、支払いの確認をしたりと、いわゆる事務作業に時間を奪われてしまいます。

その点ストックイラストは、自分の好きなように描いてサイト上にアップロードすればあとは勝手にダウンロードされるのを待てばいいので気持ちが楽です。

③初心者でも挑戦しやすい

イラストレーターとしての経験やデザイン会社勤務の経験が無いと、イラストでお仕事って難しいと思います。

でも趣味でイラスト描いてる人やイラスト初心者の人でも、描いたものをすぐにアップロードして販売することができます。

むしろ本業イラストレーターの方たちは企業からの依頼の仕事で忙しい人が多いので、ストックイラストは我々趣味イラストレーターのフィールドといえるでしょう。

ストックイラストのデメリット

  • 報酬が安い
  • 自分の絵がどこでどんな形で使われるかわからない
  • とにかく量が必要

①報酬が安い

報酬は登録するサイトによって異なりますが、1ダウンロード25円前後のところが多いです。

この報酬額は、ユーザーのダウンロードプランによって大きく異なります。

ごくたまに1ダウンロード500円とか2,000円とか4,000円とかで売れる場合もあります。

②自分の絵がどこでどんな形で使われるかわからない

ダウンロードされた自分の絵が、一体どこでどんな媒体に使われるのかは知る由がありません。

地域のフリーペーパーや個人ブログなのか、はたまた企業の広報パンフレットやYoutuberの動画なのか。

自分の絵が使われているのを発見した時はささやかな喜びです。

③とにかく量が必要

とにかくまずは量を登録しないとなかなかダウンロードされません。

300~1000素材は登録しないとお小遣いといえども月5,000円ほどにもなりません。

300素材登録するのも慣れないとかなり大変です。

なのでまずここに到達するまでに止めてしまう人が多数です。

どのストックイラストサイトに登録すればいいの?

ストックイラストレーターの定番登録サイトは

この内、イラストACだけが無料素材サイトです。

その他のサイトはユーザーがお金を払って素材をダウンロード購入する有料素材サイトです。


まずはイラストACという無料イラスト素材サイトに登録してみることおすすめします。

なぜなら、

  • 無料素材サイトなので他のストックサイトよりも遥かにダウンロードされやすく、初心者でも比較的すぐに報酬をゲットできる
  • イラストの審査が他サイトよりも緩いので、よっぽど技術的に未熟なイラストでない限りすぐに登録できる

その代わりイラストACの報酬は 、1ダウンロード4円(※2020年1月現在) と他サイトに比べると驚異的な安さです。

広告収入で運営している無料素材サイトなのでこの辺はしょうがないかな。

それから一つ注意点として、著作権を譲渡しなければならないという、これまた他サイトには無い規約があります。

著作権を譲渡しても良い素材だけを登録しましょう。

慣れてきたら他の有料サイトにもどんどん登録してみましょう。

ただし有料サイトなだけあって、最初は全くといってよいほどダウンロードされません。

素材を300個登録してやっとちょこちょこダウンロードされ始めるかな、といった感じ。

なのでここまで到達するまでの道のりが長く心が折れやすいので、その時にイラストACの報酬がわずかといえども精神的に支えてくれます笑。

そして有料素材サイトでもある程度稼げるようになってくると、有料素材サイトに登録する方が収益性が高く効率が良い&著作権を譲渡しなくても良いので、イラストACからは巣立っていくストックイラストレーターが多い印象です。

必要なツールは?

多くのストックサイトがJPEG、PNG、EPSまたはAIファイルで素材を提供する仕様になっています。

デジタルで絵を編集できる環境があれば今すぐに始められます。

フリーのお絵描きアプリでも何でもJPEGで画像を生成できるアプリがあれば大丈夫。

EPSとAIは、主にベクター画像を生成するファイル拡張子で、Adobe IllustratorというAdobe社が販売するプロ仕様のお高いアプリが必要になります。

あったら良いけど無くてもJPEGファイルだけでもストックイラストはできます。

ストックイラストを本業にできる?

正直なところ、ストックイラストを本業にするのはかなり難しいです。

もちろん本業として月に20万~50万ほど稼いでいる人もいるようですが、上位0.000…1%くらいじゃないかしら。

多くの人が月5000円~2万円、良くて3万、かなり良くて5万円前後ではないかなーとSNS上の情報を見ていて思います。

私自身ストックイラストを始めて10カ月程経ち、登録素材数は300ちょいですが、月1万円くらいの収入になっています。

デザイン経験のある人やセンスの良い人なら同じ登録数でももっと稼いでいます。

ただ上述したように、ストックイラストは素材の質よりも量がかなりの割合で収入に影響します。

1年で1,000個素材を登録する努力と根気があれば、5年後には月10万円のほぼ不労収入になっている可能性も十分にありえます。

まとめ

「絵を描くのが好き、でも経験が何も無いんだよなあ」という人には大いにおすすめ

ストックイラストの醍醐味は

家に居ながらにして、絵を楽しみながら、人に会わずとも収入になること!!

そして描き続ければ、技術も知らず知らずのうちに上達するし、どんな絵が求められるのかもわかってくるし、トレンドやデザインにも敏感になるし、もう気分はプロイラストレーターです笑。

さらにやればやるだけ報酬につながり、成果が目に見えて反映されるので成長を感じやすいです。

そして何より好きなことを通してお金を稼げる!のが良い!

今は個人でブログやYoutubeを発信するのが当たり前の時代になりました。電子書籍だって手軽に販売できます。

イラスト素材はそれらのコンテンツに利用されます。

コンテンツが増えれば増えるほどイラスト素材の需要も高まります。

つまりイラスト素材が活躍するフィールドは拡大傾向にあるということ!

さ、ペンを持って今すぐイラストを描こう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる