イラストで稼ぎたいならリアルファブリックに登録してみよう

前回「イラストで稼ぎたいならEtsyで販売してみよう」という記事を書きましたが、やっぱり英語が苦手だとなかなか挑戦しづらいという人もいるかと思います。

ということで今回は、国内サイトでの新たな販路オプションとして、リアルファブリックの紹介とレビューについて記します。

目次

リアルファブリックとは?

オンライン生地屋さんです。

もともとは韓国の生地屋さんですが、ECサイトの越境支援をしているティクーンジャパン株式会社によって、日本でも事業展開するようになったみたいですね。

のアイコン画像

で、イラストとどう関係あるの??

リアルファブリックは、ただ既存の生地を販売するだけではなく、デザイナー会員によってデザインされた生地の販売も行っています。

つまり、自分のイラストを生地として販売することが可能です。

サイトの利用登録時、一般会員デザイナー会員の2種類から選べます。

デザイナー会員として登録すれば、オリジナルデザインの登録と販売ができ、自分のデザインが売れると10%の報酬がもらえます。

パターン作成時の注意点

早速デザイナー会員として登録、パターンを作成してみましょう。

のアイコン画像

ん、待って。パターンって何?

パターン(pattern)そのものは模様や柄といった意味ですが、デザインにおけるパターンとは、同じ図案が繰り返された規則性のある模様のこと。

よって、生地の模様をデザインすることを、パターンデザインとかテキスタイル(生地)デザインといいます。

リアルファブリックでのパターン作成条件は以下。

  • ファイル形式:JPG(ファイル容量は100MB以内)
  • カラーモード:RGB
  • 解像度:200DPI
  • シームレス(綺麗な繰り返しパターン)にすること
  • 色違いは最大3個まで登録可
  • 一日最大5個まで登録可

普段デジ絵やストックイラストを描いてる人なら「楽勝やんけ!」と思うかもしれませんが、

  • シームレス(綺麗な繰り返しパターン)にすること

これに非常に手こずりました。

パターンデザインにおいて、シームレス(模様の繋ぎ目が綺麗に繋がっていること)であることは基本中の基本なんですが、パターンデザインに慣れないうちは、このシームレスにすることがちょっと大変かも。

というのも、私はイラレで描いていたのであの白い線問題に苦戦し、デザインを登録しても却下され……を10回くらい繰り返しました。

そう、提出したデザインは審査に通らないと販売には至りません。

でもこんな風にここがダメだったよという画像付きで、丁寧な却下メールが来ます。

結局今は、フォトショやprocreateでパターンデザインをしています。

実際売れるの?

のアイコン画像

で、実際売れるの?どうせストックイラストみたいにしんどいんじゃないの?

はい、ここが最も気になるところかと思いますが、

売れます。

もしかしたらストックイラストより良いかもしれない。

以下、その理由。

デザインが閲覧されやすい

まだ1個しか私のデザインは販売されておらず、しかも販売から1週間くらいしか経ってませんが既に5件売れました。

ストックイラストと違って、新着デザインが検索トップにくるので閲覧されやすいんだと思います。

さらに、ちょうど私の描いたフルーツモチーフがセール対象になったというたなぼた要因もあります。

戦略的に考えれば、セール対象中のモチーフを描けば閲覧されやすいし購入もされやすいですよね。

自動でモックアップ画像が生成される

パターン画像を登録すると、自動でモックアップ画像が生成されます。

こんな風に。

オリジナルデザインのレモン柄

パターンデザインを売る上でモックアップ画像ってものすごく重要だと思うんですが、まあ作るのめんどくさい。

それが自動で生成されるのはデザイナーとしても時短になって嬉しいし、購入者としても生地で作りたいものの完成イメージが湧きやすいので買いやすい。

単価が高い

報酬は10%と言えど、生地の単価は一般的にデジタルイラストより高いです。

サンプルサイズの生地でも500円はするので、最低でも1件50円の報酬になります。

生地が1m、2mとたくさん購入されればその分報酬も増えます。

私は韓国サイトの方でも販売してますが、そちらでも1件100円~300円の報酬になっています。

報酬単価の肌感はアドビストックに近いですね。

アート性の高い絵柄はむしろウェルカム

そしてこれが私は一番嬉しいポイント!!

ストックイラストではアートな絵柄はほとんど売れないんですが、パターンデザインはアートな絵柄こそ売れる。

絶対ストックイラストでは売れないような絵柄をどんどん登録できてしかも売れるので、デザインがすごく楽しいです。

どんどんアイディアが湧いてきます。

のアイコン画像

あ、私の場所はここだったのか

大げさかもしれないし勘違いかもしれないけどほんとそんな感じ。

クリエイターとして生きる道

イラストクリエイターが稼げる場所って以下のようにいろいろあると思うんですが

  • ストックイラストサイト
  • suzuri
  • ハンドメイドサイト
  • ココナラ
  • BASE
  • Etsy
  • Society6
  • CreativeMarket

自分にマッチした場所を見つけるって結構大事なのかもしれないなって思いました。

だからひとつの場所で全然ダメだ~って時も諦めないで、どんどん違う場所でチャレンジするのが良いと思います。

私はひとまず、ストックイラスト / リアルファブリック / Etsy /Society6 をメインに頑張ろうかな。

もし、自分の作品が思うように売れなくて悩んでる人がいたらこの言葉を贈ります。

It’s easy to get overwhelmed when you look around at all the people who are making beautiful artwork and beautiful patterns. But the world needs you and there’s room for you.

他の人のすごい作品を見て圧倒されて落ち込んじゃうのは簡単だけど、でも世界はあなたを必要としてる。世界にあなたが活躍する場所は必ずある。

Bonnie Christine

オンライン講座で学んだパターンデザインの講師の言葉です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる