Udemyでデザインの講座を受講してみた感想と他社サイトとの比較

オンライン学習のプラットフォームとしてその地位を確立したUdemy(ユーデミー)

「実際どうなんや?」と気になっている人も多いでしょう。

実際有料のコースを受講してみたのでレビューします。

目次

Udemyとは

まずUdemyの基本情報について紹介します。知ってる人は読み飛ばしちゃってください。

Udemyは米国Udemy,Inc.が運営する世界最大級のオンライン学習プラットフォームで日本ではベネッセが事業パートナーとして協業をしています。

最大のメリットはやっぱり日本だけじゃなく世界中の講師のコースを受講できる点で、講師数は42000人、講座数は約10万。(※2020年1月現在)

コースのジャンルもかなり幅広いです。

開発 / ビジネススキル / 財務会計 / ITソフトウェア /自己啓発 / デザイン /マーケティング / クラフト / 写真 /音楽 / 語学 / フィットネス / 教養 etc.

ものすごく幅広いですよね。

特に最近はAI・データサイエンスなど先端ITの講座が人気なんだそうです。

イラスト、フラワーデザインなど手芸系のコースもあるのが女性にとっては非常に嬉しい!!

ターゲットユーザー

💡 習得したいスキルが明確で、年収アップのために学習しているエンジニア ・テクノロジー、ビジネスに関するスキルアップに関心が高い人(特にAI・機械学習を学んでスキルアップを検討されている人)
💡 Adobeのソフトなどウェブデザインを学びたいと考えている人 ・仕事に関連して、スキル獲得や資格取得が必須な人
💡 転職・再就職・副業のために自己投資を検討している人

というわけで、自己投資するべく、興味のあったグラフィックデザインの講座を受講してみました。

実際Udemyで学んでみた感想

受講したコースとその概要

私はこの 365 Days of Creativityという講座を受講。

学習時間が36.5時間と、その他多くの講座と比べてもたっぷり!!濃密!!

1日2時間ずつ学習したとして18日以上かかる計算。

Adobe Illustrator、 Adobe Photoshop、 Procreateなどを使って、実際にデザインを作りながら学んでいくっていうスタイルで、ただ聞くだけじゃなくて、受講する度に作品が出来上がるので達成感があり、個人的にはとても良かったです。

実際、私がこのコースを受講しながら作った作品例がこちら。

初心者にしては上出来ダロ。

習ったからといってひとつひとつの技術を覚えてるかっていったらそれはまた別の話なんだけど、でもUdemyは一度購入した講座はずっと見れるので無問題。

そこがサブスクリプションタイプのサービスには無い良さだと思います。

お値段は?

講座は無料~数万円のものまで幅広いです。

上記の私が受講した講座は¥24,000ってなってるんで「たけーよ!!」と思った方もいるでしょう。

安心してください。このUdemy、しょっちゅうセールをやっていて頻繁に80%OFFとかになります

正規の値段があって無いようなものという、海外ではわりとメジャーなマーケティング手法です。

なのでそのセールの時が狙い目!!

とりあえず、アカウント登録しとけばセールのお知らせがくるので、セールの時に受講しましょう。

使いやすさは?

他社のオンライン学習サイトもいろいろ試してみたんですが、個人的にはUdemyが一番UI的にも使いやすいです。

再生スピードの変更や字幕はもちろんあるんですが、こんな感じで右の方に講師の喋ってる内容が文字で流れてくれるのが良い!

例えば英語の講座とかだとやっぱり聞き取れないとこもあったりするので、ゆっくり文字で確認して調べながら視聴できます。

だから受けたい講座が英語だったからって諦めるのは早いぞ!

また動画の途中にブックマークを追加して自分用メモを残しておくことも可能。

講師に直接質問もできるQ&Aタブがありますが、まあこれは答えてくれるかはその講師による。

他社オンライン学習サイトとの比較

Udemyのように、様々なジャンルの学習に対応したオンライン学習サイトは、日本だとスクー、海外だとskillshareが競合サイトでしょうか。

比較の為にも全部にアカウント登録して、何回か受講してみて、簡単に比較表にまとめてみました。

skillshareとschooは無料会員と有料会員があるんですが、無料会員は受講できる講座に限りがあり、ダウンロードもできないのであまり使えないです。

結論から言うと、一番多くの人にマッチしやすいのがUdemyです。

  • なんたって講座数が超豊富。日本語の講座数も豊富。
  • 返金対応があるので変な講座購入しちゃったよって時も安心。

一方schooは、

  • 生放送授業メインなので、みんなで一緒に勉強してる感は楽しいんだけど時間を合わせるのが大変。
  • 月額980円の有料会員になれば生放送授業に参加できなくても録画授業が見れる。

英語が多少わかるならskillshareもおすすめです。

  • 年US$99.0で受講し放題。ひと月あたりUS$8.25なので、Udemyの一講座より下手すりゃ安い。
  • 界隈で有名なクリエイターもいて講師の質が高い印象。
  • workshopという、同じクラスをとって課題を提出してみんなで見せ合う交流コミュニティもある。

まとめ

ひとまず「なんかいろいろスキルが欲しい!!」って人はUdemyに登録しとけば間違いないです。

んで、気になるジャンルの講座を探してみてください。講座数は他社競合サイトの比じゃないから、何かしら見つかると思うんだ。

ちなみに私は個人的にskillshareは続けてみてもいいかなと思ってます。 日本でのレビュー記事が全く見当たらないので、気になってるけど怖いって人の為にも そのうちレビュー記事書きますね。99ドルかあ…( ◠‿◠ )

書いた↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる