ギフトに最適な2万円台で買える液タブ HUION Kamvas12レビュー

以前、HUION Kamvas22Plusのレビュー記事を書いたのですが、この度HUIONさんからKamvas12を提供していただいたのでKamvas22との比較も交えながらレビューをしたいと思います。

目次

Kamvas12のセット内容

Kamvas12には通常版日本限定版の2種類があります。

今回は日本限定版のレビューになります。

日本限定版ということでパッケージがまず豪華&可愛い。

HUIONちゃん(?)が着物を着ているし、シーサーみたいなキャラも可愛い!

プレゼント用に適した特別なパッケージと内容になっています。

自分用としてはもちろん、デジタルお絵描きを始めたいと思っているお子さんや恋人へのクリスマスor新年のプレゼントに良いかも!!

セット内容はこんな感じ。

描く姿勢的に液タブはスタンドはあった方が良いのでスタンド付属してるのが嬉しい。

通常版との違いは以下の通りです。

豪華版はUSBケーブル2種と電源アダプタ、ステッカー、メモパッドが追加で付属されています。

スタンドは現在だと通常版にも付属していますね。

あと豪華版は手袋とクリーナーが赤で可愛いのと保証期間が+6ヶ月となっています。

続いて以下、類似のモデルとの比較表です。

スクロールできます
Kamvas12通常版Kamvas12豪華版Kamvas13Kamvas16(2021)Kamvas22
価格¥24,999¥27,999¥29,999¥44,999¥49,999
画面サイズ11.6インチ11.6インチ13.3インチ15.6インチ21.5インチ
ペンPW517PW517PW517 PW517PW517
ショットカットキー8個8個 8個 10個なし
スタンド付属付属付属付属付属
アンチグレア
フルラミネーション
色域カバー率sRGB120%sRGB120% sRGB120% sRGB120% sRGB120%
ケーブル類3in1ケーブル/延長コード
(USB-C to USB-C&電源アダプタは別売)
3in1ケーブル/延長コード/USB-C to USB-C/USB-A to USB-C/電源アダプタ3in1ケーブル
(USB-C to USB-C&電源アダプタは別売)
3in1ケーブル/延長コード/USB-C to USB-C/USB-A to USB-C/電源アダプタ 3in1ケーブル/電源ケーブル/電源アダプタ
(USB-C to USB-Cは別売)
カラーオレンジ/ブラックブラックパープル/グリーン/ブラックブルー/ブラックブラック
※2021年11月現在 ※スタンドなど付属内容は変更になる可能性もあるので販売ページをよくご確認ください
  • ペンPW517というのは、従来の沈み込みの欠点が改善された新タイプのもの。
  • 他にもKamvasPro16など類似名で新旧様々種類があるが、ペンがPW507という旧タイプのものだったりするので注意。
  • スタンドはありなし選択可能。(別途買うよりはセットで買った方が安い。)
  • 基本的に近年のものはほぼフルラミネーション&アンチグレアフィルム搭載。
  • 色域は近年のものはほぼsRGBカバー率120%。上位モデルになると140%だったりする。

どのケーブルが必要かはお使いのパソコンを確認しておきましょう。

3in1ケーブルと電源アダプタがあれば基本的には大丈夫だと思いますが、HDMI端子がないノートパソコンなども中にはあります。

USB-C to USB-C ですっきり繋ぐとしてもパソコンのバッテリがすぐになくなる可能性もあるので、やっぱり電源アダプタは合ったほうが良いかなと個人的には思います。

Kamvas12のレビュー

画面サイズ

普段iPadプロの12.9インチをよく使っているので、Kamvas12の11.6インチは第一印象「思ったより小さいな」でした。

ただしiPadプロと比べたらであって、普段スマホやiPadミニでお絵描きしている人にとってはその限りではないでしょう。

液タブのサイズ展開だとこの11.6インチが最小サイズです。

小さいには小さいなりのメリットがあって、このように私の乱雑な狭い机で使っても邪魔にならない大きさ。

実は以前購入したKamvas22(21.5インチ)がなかなかでかくて、これは広いスペースを確保できないと持て余すなという感じだったので、作業スペースを広く確保したい人は11.6~16インチをおすすめします。

以下、覚えとくと便利。

  • 1インチ=2.54センチ
  • 商品の表記サイズ(インチ)×2.54=画面の対角線の長さ(センチ)
  • 液タブは16:9なのでiPadに比べると横長サイズになるよ
Kamvas12はこんな人におすすめ
  • 初めての液タブ
  • 作業スペースがせまい
  • 板タブとしても液タブとしても使いたい
  • 作業スペースを液タブで圧迫されたくない

そう、HDMI端子を抜けば板タブとしても使えるので、むしろ板タブとして使うなら11.6インチは最適な大きさかと。

「じゃあ最初から板タブ買えよ」と思ったあなた。

板タブ兼液タブなら、普段は第2モニターとして使えるという利点があるのだ!

セットアップ

液タブを使用するには、パソコンに液タブを認識させるためにドライバというものが必要なのですが、付属のマニュアルに沿って公式からドライバアプリをダウンロードすればいいだけなので初心者でも簡単です。

ドライバアプリ

ここでデバイスに対して使うモニターの設定やキャリブレーション、筆圧設定などができます。

使い心地

描き心地に関しては問題ありません。視差など全く気になりません。

付属スタンドも安定感あってiPadにも併用できて良いです。

ショートカットキーボタンが8個ついてますが、私は使い慣れているテンキーを使ってます。

Kamvas22 vs Kamvas12

既に持っているKamvas22とどっちが使いやすいか比べてみた答え。

完全に環境による

広いスペースを確保できるならそりゃ大画面の方が良いです。

私の環境の場合、Kamvas22だとでかい、12だと小さいので13か16が良さそうという結果になりました。

というかKamvas22を置いても邪魔にならない広いスペースが欲しいぜ!

結局どれがおすすめなの?

メーカーはHUIONしか使ったことが無いので他と比較できませんが、HUIONに限っていうと、

サイズが一番大事!

なぜなら、モデルごとの機能差ってそこまでない(どんどん良い最新機能に統一されていく)から。

自分の作業スペースに合ったサイズと付属品で選べば良いと思います。

結論

ちなみに以前の記事では、「今選ぶならKamvas22」とおすすめしてたんですが、Kamvas16が2021年版として新しくなったので、今選ぶならKamvas16(2021)かな!

ご自身の環境に合わせて選んでみてくださいね!!


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる