イラレでつくる麻の葉模様

イラレ麻の葉模様の描き方

禰豆子ちゃん柄としてすっかり認知が高まった麻の葉模様。

以前、iPad版イラレでつくる方法については記事にしましたが、やっぱりスウォッチに登録していつでも使いたい!のでPC版イラレでのつくり方もご紹介します。

目次

麻の葉模様の作り方inイラレ

動画版はこちら。文章で読みたい方は下に続きます。

以下、文章による説明。

全体の流れ

  1. 六角形や斜線を用いて基準となる図形をつくる
  2. つくった図形で繰り返しパターンをつくる

基準となる図形はこちら。

この、六角形の中に六芒星が潜んだ形をつくっていきます。

1. 六角形や斜線を用いて基準となる図形をつくる

基本図形の準備

まず、

  • 半径100pxの六角形(多角形ツールで半径100px辺の数6で作成)
  • 長さ200pxの垂直線 (直線ツールで長さ200px角度90で作成)
  • 半径100pxの三角形(多角形ツールで半径100px辺の数3で作成)

を用意します。

図形を組み合わせる

  1. 六角形の中心に垂直線を置き、(R)回転ツールで60°コピー。Ctrl+Dで複製。
  2. さらに三角形も中心線を合わせて置き、(R)回転ツールで60°(180°でもok)コピー。
  3. 全ての中心を整列で合わせる

六角形の中に六芒星を描く

  1. 三角形2つを選択し、表示>ガイド>ガイド線を作成でガイド線に変更する
  2. ガイド線に沿って星型となる斜線を引く(gif参照)
  3. 中心線を軸に(O)反転コピーからの中心線を軸に(R)回転60°からのCtrl+Dで複製

既存のパス上に新たにパスを描くと自動で繋がってしまいます。それを避けるためには少し離れたところで一旦クリック、そのまま離さずShift押しながら目標の点までドラッグ。あとは普通に描けばOK。

さて、これで基本となる図形が完成しました。

2. パターン作成

上記で作った図形を元にパターンを作成します。

まずは、六角形の横幅の数値をコピーしておいてください。あとで使います。

つくった図形を選択して、オブジェクト>パターン>パターンを作成

パターンオプションの設定

  • タイルタイプは六角形(横)
  • 横幅にコピーしといた六角形の横幅をペースト
  • 高さは200px(六角形の半径)

上記のように設定したら完了。

自動でスウォッチに登録されます。

完成!!

できましたか?

色を変えたり線の太さを変えたり、いろいろ楽しんでみてくださいね。

おわり。

イラレ麻の葉模様の描き方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる