イラストレーターで手描き風の絵をササッと描く方法

のアイコン画像

イラストレーターのペンツールが苦手で……。

のアイコン画像

イラストレーターで描くと図形っぽくなるのがなんか苦手。

そんなあなたのための記事です。

イラストレーターでもかなり手描きに近い感覚で絵を描く方法があります。

目次

手描き風の絵には塗りブラシツールを使おう

イラレと言えばベジェ曲線!ペンツール!ですが、手描きっぽい絵を描くなら塗りブラシツールを使いましょう。

これ↓

実際に塗りブラシツールでササッと描いてみたチューリップ。

ほとんど手描きと同じ感覚で描けます。

塗りブラシツールの特徴

  • 線じゃなく塗りになる
  • 同じ色で描くと勝手に合体される
  • 違う色で描いたものは別オブジェクトになる
  • シェイプ形成ツールを使えば塗りつぶしも簡単

塗りつぶしに便利なシェイプ形成ツール

塗りブラシツールで普通に鉛筆で描くみたいに塗りつぶしてもいいんですが、シェイプ形成ツールを使えば一瞬です。

ね、簡単でしょ?

ペンツールと塗りブラシツールを使い分けよう

ペンツールで描いたサボテン(左)と、塗りブラシツールで描いたサボテン(右)。

それぞれに違った魅力がありますよね。

ペンツール塗りブラシツール
図形が得意味のある手描き風が得意
幾何学シェイプは任せろくねくね曲線は任せろ
調整・修正が簡単調整・修正はめんどい(消しゴムとワープツールでなんとか)
複雑なモチーフはめんどい複雑なモチーフこそ得意
必要最低限のパスで済むパスがいっぱいできる
オブジェクトがいっぱいできる必要最低限のオブジェクトで済む

と、ホコタテみたいな関係なので上手に使い分けましょう。

ペンツールは慣れないと思ったように線を引くのも大変なので、使うのも億劫になりがち。

のアイコン画像

ペンツールめんどいよ~苦手だよ~でもベクターで描きたい!

そんな時は無理にペンツールを使わずとも塗りブラシツールを活用してお絵描きを楽しみましょう!!

\体系的にデザインを学びたい人にはやっぱりオンライン講座がおすすめ/
オンラインで学ぶWebデザイン講座

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる