WindowsPC×iPad液タブ化 ProjectBlueレビュー

WindowsユーザーだってiPad液タブ化できるよ!!

ということでそのやり方を説明します。

目次

Project Blue Beta版

それを可能にしてくれるのがAstropadのProject Blueというアプリ。

しかもWindowsユーザーだけ今なら無料!!(※2021年11月現在)

というのも、WindowsPC向けはまだテスト段階なので、ベータ版を無料でダウンロードできるというわけです。

無料なのはベータ版から製品版へ移行するまでの間だけのチャンスなので、今のうちにダウンロードしておくといいよ!!

いつ製品版に統合するかはわかりませんが、2021年中の完成を目標にしてるらしいです。

製品版に統合された後は有料版を購入する必要があるので、その段階で他の有料アプリ(Easy Canvasなど)と比較してやめるか購入するか検討すると良いと思います。

インストール方法

動画での説明はこちら。文章で読みたい方は以下に続きます。


PCとiPad両方にProject Blueアプリをインストールします。

PCへのインストール

Astropadのサイトにアクセスして、右上のProject Blueをクリック。

以下の欄にEメールアドレスを入力してJOIN THE BETAをクリック。

すると以下の画面に切り替わるので、上のWindows appというボタンをクリックしてダウンロード。

ダウンロードされたファイルを開いてインストーラーを起動。
インストーラーの指示に従ってインストールします。

インストールしたProjectBlueを起動すると以下の画面になるのでSet Upをクリック。

すると以下の画面が出てくるのでもっかいInstallをクリック。

インストールが完了すると、再起動してください画面が出るので、できる人はここで再起動。

再起動している間にiPadにもインストールしていきましょう。

iPadへのインストール

Appストアを開いてProject Blueで検索。青い犬アイコンのProject Blueアプリをインストールして開く。

PCに戻って…

PCにインストールしたProject Blueを起動。

「Wifiか有線USBでiPadとつないでください」と表示されるので好きな方を選ぶ。

PCとiPadが同じネットワーク上にあれば自動的にWifiで接続されます。

接続されると、PCの画面がiPadにも表示されて設定終わり!!

めちゃ簡単!!

お絵描きアプリで試してみよう

クリスタやフォトショなど好きなお絵描きアプリをPCで立ち上げてください。

画面サイズ調整

PCとiPadではアスペクト比が異なるので、初期状態ではiPadに表示されたPC画面が横長で小さくて見づらいです。

が、iPad上の赤丸を片手で長押ししながら、もう片方の二本指で画面をピンチアウトして拡大すれば大きく表示されます。

描いてみよう

アップルペンシルでちゃんと描けるか確認しましょう。

筆圧も感知されてるか確認しましょう。

メニュー設定

赤丸タップ>ワークスペースで左手ショートカットを表示させたり、

キーボードを呼び出したり出来ます。

さらに、赤丸タップ>ペン&ストロークで筆圧調整などもできます。

アップルペンシル、キーボード、左手デバイスだけじゃなく指まで使えるのは、iPadならでは!!通常の液タブには無い良さですね!!

指でキャンバスを拡大縮小回転できるのめちゃくちゃ便利。ありがてえ。

でもちょっと指での動作が重いですがまあベータ版だし。許容範囲内。

iPadがあるなら液タブは無理して買わなくても良くなるかもしれないですね。

ただiPadは画面が小さいので大画面で描きたい人はやっぱり液タブ買った方がいいし、ペンや画面の動作も液タブの方が今んとこスムーズです。

有料版に統合されたら?

有料版に統合された場合、一般向けのStandardが買い切り29.99ドル、プロ向けのStudioがサブスク型で年間79.99ドル。

ベータ版で紹介したショートカット等のメニュー全般はStudioのみのサービスになるようです。

だとしたらやっぱちょっと高いし悩みどころですね。

とりあえず無料のうちにダウンロードしてお試しあれ~~!!!!


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる